和光幼稚園教育目標    


                            


@ 教育理念
    やさしく、かしこく、たくましく

A 子どもの姿
    やさしく   = 感性豊かな相手を思いやる子ども
    かしこく   = 知的好奇心が旺盛で自分で考え、判断する子ども
    たくましく  = 進んで運動し健康や安全に気をつける子ども

B 教育のキーワード  『3つの“あ”』と【5領域】

   “あいさつ”  = 基本的生活習慣「のびのび育つ」 【環境】
   “ありがとう” = 言葉   【言葉】 ・ 思いやり【人間関係】
   “あそび”   = 感性・創造【表現】 ・ 体づくり【健康】

C 教育研究主題    「豊かな感性と創造性を育てる遊びの推進」

「あそび」の推進とは
(ア) 豊かな「感性」を育てる。  いろいろな経験を通して豊かな感受性を育む。
(イ) 豊かな「創造性」を育てる。 知的好奇心を喚起し、創造の楽しさを味わう。
(ウ) 「人間関係力」を育てる。  個性の尊重と共に、友達との関わりを広げる。

D 意図的な教育と知的環境整備:好きなことを認める教育(個性尊重)の具体例

(ア) 多様な体験活動: 子どもの興味を持ったものに全力でつきあう。
人から言われたことと自分からやることは、効果が全く違う。
    (例)魚の解剖、経験を大事にしたカブトムシ取り、花作り、菜園作業など
(イ) 知的環境整備: 興味を示さない場合、意図的に素材や掲示物等を回りに置く。
     本物(音楽鑑賞、芸術鑑賞、種々の観賞、)による感動体験の機会を設ける。
(例)知育玩具、絵本、楽器、DVD等の教具の準備、音楽鑑賞会、観劇会等
(ウ) 意図的社会性: 友達との関係性を仕組む
     共同作業、交流など、一緒に行う楽しさを体験させる。
(エ) 言語環境整備: 言語活動の充実
    人前で話せる習慣づくり。たとえ間違っても相手に伝えようと努力する。
(オ) 先生の姿: 先生が、勉強する・知的好奇心を示す・研修する。後姿で見せる。

E 充実した教育活動

(ア)  園年間行事    : 運動会、夏祭り、お遊戯会、お泊り保育、遠足など
(イ)  種々の体験活動  : 電車乗車体験、花づくり、いもほりなどの園芸活動
(ウ)  英語で遊ぼう教室 : 専任教師による英会話教室  週1回水曜日
  (エ)  体育教室     : 専任教師による体育教室   週1回金曜日

F 健康・安全と連携

(ア)  安全で、事故のない保育 : 避難(月1回)、環境点検
(イ)  情緒安定のための保育  : 養護、細心の配慮
(ウ)  家庭、地域との連携   : 園だより、HP等による広報、相互連携・交流     令和  2 年 4 月   園長就任 福田 義紀(5代目)




TOPへ移動
copyright (c) 2007-2010 Wakou Youchien All right reserved.